グラゼニを読まずにプロ野球選手になりたい?プロ野球株式会社をなめたらあかん!②※ネタバレあり

どうも![公式]漫画ソムリエ(自称)のちゃまです!

全国の野球少年よ!絶対にグラゼニという野球漫画は見ておきたまえ!!

というテーマで前回の記事はプロ野球株式会社というものを熱く語ったわけですが

コメント欄に「グラゼニを語るなら主人公の凡田夏之介をもっと語れよ!」という苦情が10000件ぐらいきて「あれ?これって炎上ってやつじゃね?」っていうところで目が覚めて夢落ちだったという朝を迎えてPCを開くと相も変わらずノーコメントでしたので…

どなたかコメントとかしてみない?ねぇ?ねぇねぇ?



という言葉をもって開始の挨拶とさせていただきます

さて今回はグラゼニ主人公「凡田夏之介」について語っていきます

この記事から見た人はまずは下の①を見て欲しいっす(∀`*ゞ)テヘッ

目次

グラゼニ主人公「凡田夏之介」プロ野球株式会社8年目

引用:講談社 グラゼニ①巻

✅年齢:26歳

✅年俸:1800万

✅独身&彼女なし

✅ポジション:1軍ピッチャー中継ぎ

凡田夏之介は高卒ドラフト最下位で契約金1500万プロ野球株式会社に入社した漢で、8年間生き抜いてきてもよほどのファンでもない限り見向きもされない状況から物語が始まります

もちろん年収1800万円なんてのは、社会人の多くをしめるサラリーマンにしてみれば超羨ましいお金持ち!!ちゃまにしてみれば羨ましい限りではあるけれど…

だが、プロ野球選手のイメージとしてはちょっと少ないよね?

だって野球選手の選手生命の平均って10年ちょっとだよ?サラリーマンの生涯年収が3億とかって考えたら…

ギャンブル性高くね?

しかも少ない選手生命&一気に高級もらうと税金パねーから実質はたいして残らないし、とは言えプロ野球選手の肩書あるからケチケチできないし…

だから凡田夏之介は契約金は全部貯金してます!っていう感じのまぁ漫画の主人公としてはあんまりな感じなパッとしない漢としてグラゼニは始まるわけです

凡田夏之介の8年目の1年…

シリーズ優勝

登板数:31

4勝4敗2セーブ20ホールド

防御率:3,01

さてこの結果からプロ野球株式会社が示した来季の年俸は…

2500万!!

これに対し、凡田夏之介は…

引用:講談社 グラゼニ⑥巻

こうして食い下がり、2500万→2600万を獲得したのである!!

凡田夏之介は知っている!!プロ野球株式会社で働き続ける厳しさを!!

100万という大金の価値を!!

ここで野球少年にプロ野球株式会社で働くうえでの大切なことを教えてくれているのだ!自分の価値をしっかり知り、最大限アピールすることの大切さを!

こういう心理戦もプロとしては必須なのだ

ここでちゃまの昔話をさせてもらおう…

そう…あれは15年ぐらい前の話…

結婚が決まり、新居も決めて電化製品をそろえようととある大型電化製品ショッピングに行こうとしてたときに、関西出身の同僚が電化製品買うなら、俺を連れていけ!!というので、昔は嫁と呼んでいた女性と同僚と三人でYという大型電気屋に行ったときのこと…


洗濯機、TV、冷蔵庫、その他もろもろを選び正規の値段で買おうとした瞬間、同僚が電気屋の社員に「店長を呼べ!」と突然言い出し、値切るなんて考えもしないちゃまの代わりに交渉し、なんと5万近く値引きさせたのだ!

その光景を見て「値切るとか恥ずかしい」などと思っていたちゃまの概念は吹っ飛んだのだ!そして同僚は「値引きできるのにしないのはアホやん?」とさらっと言ったあの時のドヤ顔は生涯忘れることはないだろう…


そして…

引用:講談社 グラゼニ⑥巻

凡田夏之介は年俸交渉に勝利!!したのである!!

ちゃまもあの時浮いた金で食べた焼肉の味は生涯忘れないであろう

グラゼニ…それでもプロ野球株式会社は甘くない!

たった1年で給料が1800万から2600万にあがるってやっぱりプロ野球株式会社って夢しかないじゃん?と思った野球少年にあえて言わせてもらおう!

プロ野球株式会社はそんなに甘くない!!

いっぱい金が稼げるってのは一気に給料が少なくなることもあるということを知っておかなければならない!!

ちゃまも実は年収1000万以上というのを経験したことがあるのだが…尊敬する社長が宗教にはまり、自分も宗教にはまってしまい、その結果数年後会社は倒産…自分は自己破産…嫁も娘も離れていったなんていうこともあったのだ…

あぁ南無阿弥陀仏…

まぁちゃまのことはどうでもよいが…

ましてやプロ野球株式会社はもっと厳しい世界なのだ

順調に年俸があがった凡田夏之介に起こった悲劇…

引用:講談社 グラゼニ⑪巻

凡田夏之介は次のシーズンもなんやかんやありながらも活躍をして、チームはシリーズ3位ながらも日本シリーズにも出場し、年俸は3000万にもなったのだ

しかも、半年以上通った大衆食堂でひそかにあこがれていた女性にもプロ野球の選手だとようやく気付いてもらい…お付き合いすることに!

なんと10年目のシーズンでは

75試合登板(セリーグ1位)

42ホールドポイント(セリーグ2位)

防御率1,31

チームはシーズン優勝!

まさに過去最高の結果を出したのである!!!

自分の今期の結果から目指すは1億円プレーヤー!と意気揚々と向かった年俸交渉…

引用:講談社 グラゼニ⑭巻

まさかの6600万という球団の提示…

厳しーーーっ

これには凡田夏之介もさすがに承諾できない

この理由には、シリーズは優勝したものの、クライマックスシリーズで負けたので日本シリーズに出場できなかったということで、凡田夏之介以外の5人を球団は目玉プレーヤーにしたという会社事情があるのだが…

その5人の一人である丸金千太郎はつい数年前まで2軍で年俸500万だったのに2億2000万となっている!しかもクライマックスでは全く活躍せず…

そして球団交渉が決裂し、凡田夏之介はポスティングでメジャーへ挑戦することに…

はじめはメジャーで野球をやることに前向きでなかった凡田夏之介も、同じチームでやる予定の漢に鼓舞されて…

引用:講談社 グラゼニ⑮巻

やる気になったのもつかの間…


引用:講談社 グラゼニ⑰巻

指名されて呼ばれていったのにも関わらず、リーグが始まる前に突然の解雇…まさに

仁義なきメジャーリーグ

誰が予想しただろう?昨シーズン日本一の中継ぎ投手がまさかの無職になるなんてことを…

5億円も払ってアメリカに呼ばれた男が、シーズン前に解雇されるなんてことを…

グラゼニ第一章完結

凡田夏之介のプロ野球選手生活は終わるのか?

さすがにそんな結末で終わったら漫画としては成立しない!漫画ソムリエはそんな漫画を野球少年にすすめることはできない

ここで代理人や恋人の後押しもあり、凡田夏之介は日本一の球団モップスに入団することになったのである!

そして凡田夏之介は生涯の伴侶を手に入れ、新天地での戦いにむかう!

プロ野球株式会社という厳しい社会でグラウンドに眠る銭を掘り起こすために…

まとめ

さて2回にわたってグラゼニという野球漫画を紹介してきたわけですが

野球少年よ!野球少年の両親よ!

グラゼニを読まずして、プロを目指すなんてのは地図も持たずにドラクエで冒険するようなものだということだ!

そしてブロガーをやっている同士よ!

グラゼニを読まずして、「ブロガーでノマド生活ウェイ!!」なんて言うようならそこには大きな絶望が待っているだろう…

アナリさんを見てPV一喜一憂し、サチコさんに振り回されながらも必死で書き続け、アドセパイセン𠮟咤激励される現実の中で、簡単にネットで大金なんてのを夢見てブロゼニを掘り起こそうとブログを始めたちゃまはこのグラゼニを読んでプロの厳しさとプロとしてのあり方を学ばせていただいたのだ!




現実は甘くない!しかしそれでも挑戦しなければ何も得られない!!

ちなみに今回はグラゼニ第一章のみを紹介したが、東京ドーム編パリーグ編とまだグラゼニは連載中だ!

またいつか凡田夏之介が決して順風満帆ではないなかでもプロ野球株式会社で必死に生きる物語を紹介することになるだろう…

プロとして生きる人間はどうあるべきかをしっかりと描かれたこの漫画を野球少年や野球少年の両親はもちろん、ブログを始めた方や、なんなら全人類が読むべきだと漫画ソムリエのちゃまは断言させていただこう!!

そしてちゃまもいつかメジャーを目指す!!パツ金ネー様に囲まれてノマド生活ウェイ!!

ではまたっ!!

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

このPCビギナーが作った割にはイケてる風を演出してるテーマはこれだ!!↓↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら泣いて喜びます(TT)
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる